Home / Kaboom

Kaboom

Kaboomの購入

Kaboomは、トライアル版がありません。5000円で販売されていますので、下記の購入ページより入手していただければと思います。

Kaboom 購入ページ

Kaboomのインストール

Kaboomはkwikと同様にAdobe Extension Mangerを利用してインストールします。Adobe Extension Managerのバージョンはお使いのフォトショップのバージョンと一致したものをお使いください。

http://kwiksher.com/kwik-book/CH09_チュートリアル/24_Particle_System.html

Kaboomでパーティクル作成

Kaboomがインストールされると Kwikのレイヤー置換のパーティクル置換のウィンドウにCreate ParticlesのボタンがKaboomのアイコンとともに表示されます。パーティクル情報のファイルは、json形式になっており、パーティクルデザイナーで作成したものや下記のCoronaSDK_Emitter_Viewer_Sample.zipのファイルを読み込むことができます。

71Squared社が提供するパーティクルデザイナーのファイルも読み込むことができます。パーティクルデザイナーはマック版のみで、Windows版はありません。

https://71squared.com/particledesigner

下記のzipファイルにKaboomで読み込めるJSONファイルと画像ファイルが格納されています。ダウンロードしてお試しください。

http://www.kwiksher.com/tutorials/Multi/CoronaSDK_Emitter_Viewer_Sample.zip
2015-05-03_1149

 

Kaboomの画面

Kaboomは 4つの設定画面が用意されています。ライブプレビューのボタンをクリックすることで、Corona Simulatorで動作を確認することができます。

  • 名前: パーティクルの名前を設定します。
  • ライブプレビュー:  Corona Simulatorが起動します。設定画面のパラミタを変更すると、即座に結果が反映されます。

標準設定画面

2015-05-03_1150

メインの設定画面です。基本的なパーティクルのパラミタ値を設定します。

  • 画像: クリックで変更ボタンで、パーティクルで使用する画像を指定します。PNGファイルを指定してください。
  • 開始色: パーティクルの色を指定します。
  • 透過: スライダーまたは数値で透過度を指定します。
  • 時間: パーティクルの存在時間です。小さい数値を指定すれば、短いライフタイムが設定されます。
  • X方向の振幅: 画像のX幅を指定された値の範囲で伸縮します。
  • レイヤー幅を使用: 置換するまえのレイヤーの幅を伸縮幅として利用します。
  • Y方向の振幅画像のY幅を指定された値の範囲で伸縮します
  • レイヤー縦幅を使用:置換するまえのレイヤーの縦幅を伸縮幅として利用します。
  • パーティクルの最大数: 同時に表示する最大のパーティクル数を指定します。
  • 角度: パーティクルの表示するときの角度を指定します。
  • 角度の振幅: 角度の振れ幅を指定します。

エミッタの設定

パーティクルを放出するエミッタの設定画面です。 形式は  Gravityの画面となります。

2015-05-03_1151

  • 速度: パーティクルの放出速度を指定します。
  • 速度の振れ幅: 速度を変化させる振れ幅の数値を指定します。 (この値によって、加速度も算出されます)
  • X 方向の重力: X方向の重力の設定
  • Y 方向の重力:Y方向の重力の設定 
  • 放射加速度: パーティクルが放出されるときの加速度を指定します。
  • 放射加速度の振れ幅: 加速度の振れ幅を指定します。
  • 接線加速度: 接線加速度の値となります。(円運動の加速度は円の中心に向かう方向と接線方向とにわけられます)
  • 接線加速度の振れ幅: 接線加速度の振れ幅

Radial(放射)の形式を選択。
2015-05-03_1205

  • 最大放射: エミッターの放射の最大半径を設定します。
  • 最大放射の振れ幅: 半径の振れ幅の最大値を指定します。
  • 最小放射: エミッターの放射の最大半径を設定します。
  • 最小放射の振れ幅半径の振れ幅の最大値を指定します。
  • 秒単位の角度 (DPS): エミッターの回転角度を指定します。
  • DPSの振れ幅: 回転角度の振れ幅を指定します。

パーティクル設定

パーティクルの描画に関するパラミタを設定します。

2015-05-03_1152

  • 持続時間: パーティクルの持続時間です。
  • 持続時間の振れ幅: パーティクルの持続時間を指定された値の範囲で変化させます。
  • 初期サイズ: 開始時のパーティクルのサイズを指定します。
  • 初期サイズの振れ幅: 開始時のパーティクルのサイズを変化させます。
  • 終了サイズ: 終了時のパーティクルのサイズを指定します。
  • 終了サイズの振れ幅: 終了時のパーティクルのサイズを変化させます。
  • 初期回転角: 開始時のパーティクルの角度を指定します。
  • 初期回転角の振れ幅:  開始時のパーティクルの角度を変化させます。
  • 終了回転角: 終了時の角度を指定します。
  • 終了回転角の振れ幅:  終了時の角度を変化させます。

色設定

パーティクルの色と色のブレンド設定を行います。

2015-05-03_1153

  • 初期振れ幅 赤: 赤の値を変化させます。標準設定の色設定の赤成分からの変化となります。
  • 初期振れ幅 緑: 緑の値を変化させます。標準設定の色設定の緑成分からの変化となります
  • 初期振れ幅 青: 青の値を変化させます。標準設定の色設定の青成分からの変化となります
  • 初期透過度の振れ幅:透過度を変化させます。標準設定の透過度からの変化となります。
  • ブレンド元のモード: 初期色のブレンドのモード設定です。
  • ブレンド先のモード: 終了時の色のブレンド設定です。
  • 終了時 色: 終了時の色を設定します。
  • 終了時 透過度:  終了時の透過度を設定します。
  • 終了時 振れ幅 赤: 赤の値を変化させます。終了時の赤成分の変化となります。
  • 終了時 振れ幅 緑: 緑の値を変化させます。終了時の緑成分の変化となります。
  • 終了時 振れ幅 青: 青の値を変化させます。終了時の青成分の変化となります。
  • 終了時 振れ幅 透過度: 透過度の値を変化させます。終了時の透過度の変化となります。